記事・レポート お役立ち エコカー用語 ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

Text :
Photo:
オートックワン編集部
ハイオクガソリン

ハイオクガソリンとは?

ハイオク(=high-octane)というのは、「ハイオクタン」の略で、ハイオクガソリンというのは、オクタン価が高いガソリンという意味。

日本で販売される乗用車向けのガソリンは、「レギュラー」と「ハイオク」の2種類があり、オクタン価は、日本工業規格(JIS)でレギュラーが「オクタン価 89以上」、ハイオクが「オクタン価 96以上」と規定されている。

日本での実質的なオクタン価は、レギュラーは90前後が一般的で、ハイオクは概ね98~100となっている。ハイオクの商品名に「100」という数字が付けられたものがあるが、これはオクタン価100をアピールしたものだ。

誤解されることが多いのだが、「オクタン価が高い」とは、燃焼カロリーが高いわけではない。

オクタン価は、「ノッキング」と呼ばれる現象の起こりにくさを示すのである。

ノッキングは、ガソリンをエンジン内で燃焼させたときの、異常爆発によって引き起こされる。ノッキングが起こりにくいというのは、ようするに燃えにくいという意味であり、ハイオクはレギュラーよりも燃えにくいガソリンということになる。

高性能車が「ハイオク仕様車」である理由

なぜ高性能車にハイオク仕様が多いかというと、ハイオクの使用を前提にエンジンを設計すると、圧縮比を高く、点火時期を早くするなどして、より爆発力のある燃焼をさせることで、大きなパワーを得ることができるからである。

オクタン価について、たとえばドイツでは、オクタン価91の「Benzin Bleifrei」、同95の「Super Bleifrei」、同98の「Super Plus」の3種類に分かれており、上下の価格差は日本よりも小さい。

ところが、約20年前から欧州自動車メーカーの多くが、オクタン価95を標準(高性能車は98)としてエンジンを設計するようになった。

このことから、近年では91を置かないガソリンスタンドも増えているという。こうした経緯があるため、欧州車に使用するには日本のレギュラーではオクタン価が足りない。

よって、欧州車には、たとえベーシックなモデルであっても、ハイオクの使用が推奨されているのだ。しかし、実際にはレギュラーとハイオクの中間であるオクタン価95のガソリンがあれば、それで問題ないということでもあり、実際に日本の欧州車ユーザーで、レギュラーとハイオクをブレンドして給油するユーザーも少なくない。

実は日本でも、自動車メーカーや経産省でオクタン価95の設定を求める動きがある。これが実現すると、現状のレギュラー使用時に比べて、燃費が5~7%程度向上し、CO2排出量は5%程度削減できるという試算もある。

ところが、石油業界がオクタン価95の設定に反対しており、実現のメドは立っていないのが現状だ。

その理由として、精製施設に大きな設備投資が必要だからとされているが、本音は燃費向上や価格上昇による売り上げの減少を危惧してのことだと思われる。

レギュラー仕様車にハイオクを入れると?

ところで、ハイオク仕様車にハイオクよりも単価が安いレギュラーを入れたいと考える人は多いが、逆にレギュラー仕様車にハイオクを入れた場合にはどうなるか?

結論としては、ほとんど変わることはない。性能を高めるには、たとえば点火時期を調整したり、高圧縮ピストンを装着するなど、手を加えることが必要となる。

ただし、日本で販売されているハイオクガソリンのほとんどに洗浄剤が配合されている。一部のレギュラーにも配合されているが、あまり例はない。

燃焼室に堆積物の残りやすい短距離のチョイ乗りが多い人にとっては、洗浄剤がエンジン内をクリーンにし、よいコンディションを保つことができるという点では、効果はあると考えられる。

  • 1

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •