記事・レポート お役立ち エコカー用語 CD値(空気抵抗係数)

CD値(空気抵抗係数)

Text :
CD値(空気抵抗係数)

「CD値」のCDとは「Constant Drag」のことで、どのくらいスムーズに空気が流れるかという空気抵抗係数を表す。

CD値はあくまで「係数」であるから常に一定であり、速度には左右されない。

空気抵抗の大きさは、このCD値に前面投影面積(自動車を真正面から見たときの絶対的な面積)を掛けたものとなる。

よって、たとえCD値が小さくても、前面投影面積の大きい大柄な車種の場合は空気抵抗が大きくなり、逆にCDが少々大きくても、軽自動車のように小さなボディの場合は、空気抵抗は小さくなるといえる。

さらに、空気抵抗は速度の2乗に比例して大きくなるという特性を持っている。

これら、CD値、前面投影面積、速度という3つの要素は、燃料消費や高速走行時の加速性能に大きく影響を及ぼす。

CD値は、ボディ形状がスポーツカーのような流線型のほうが有利で、ボディ後端についても、切り落としたような形状よ㜉&&&&&&&&&&&4 <