記事・レポート お役立ち エコカー用語 エコタイヤ

エコタイヤ

Text :
Photo:
株式会社ブリヂストン
エコタイヤ

エコタイヤとは?

ブリヂストン エコタイヤ ECOPIA EP100

タイヤというのは、石油を主な原料として製造されて自動車へ装着し、使用することでやがて寿命を迎える。

役目を終えたタイヤは、大半が燃やして熱源とされ(サーマルリサイクル)、一部は再生ゴムなどに再利用される(マテリアルリサイクル)。

このようにタイヤは、生まれてから廃棄されるまで、CO2を排出し続けるのである。

タイヤのライフサイクルの中で、もっともCO2を排出するのは使用過程であり、その割合は全体の80%以上になるといわれている。

その使用過程におけるCO2の排出量を、いかに小さく抑えるかという課題に取り組んだのが「エコタイヤ」である。

自動車のCO2や燃料消費を抑えるためには、走行抵抗を小さくすることが有効だ。

走行抵抗について、車速が高ければ空気抵抗が大きくなるが、市街地や郊外などの実用速度域では、そのほとんどが「転がり抵抗」となる。

転がり抵抗は、駆動系など機械的な摩擦によるものと、タイヤが転がるときの抵抗のふたつに分けて考えることができる。タイヤ単体の努力で改善できるのは「タイヤが転がるときの抵抗」であり、現在、タイヤメーカー各社では技術開発にまい進している。

中でもキーテクノロジーとなっているのが、シリカの配合技術だ。

シリカはタイヤを構成するコンパウンドのひとつで、近年スタッドレスタイヤなどの開発においても、非常に有効なコンパウンドとして注目されている。

エコタイヤで問題となるのは、転がり抵抗を減らすことに対して、グリップ力やウェット性能をはじめ、快適な乗り心地や静粛性など、これまでタイヤに求められてきた性能を確保することが、二律背反の関係にあることだ。もちろん安全性にも大いに関係する。

その問題を克服する上で、シリカが役に立つ。シリカを上手く配合することで、低温時でも柔軟さを維持させたり、高いウェット性能を得たり、発熱を抑えて磨耗を抑えたりすることができるのである。

シリカを適切に配合することで、転がり抵抗の低減を追求した際に犠牲となる、タイヤの性能の落ち幅を極力小さくすることができるのだ。

エコタイヤと燃費の関係について、たとえばブリヂストンのエコタイヤ「ecopia(エコピア) EP100」と、同等の性能を有する「B’STYLE(ビースタイル) EX」との比較では、転がり抵抗の差は約30%とのことで、実際の燃費は、その10%~20%程度という。

つまり3%~6%の燃費向上につながることになる。

小さな差のように感じるかもしれないが、タイヤを使用している間ずっと違うとなると、結果的にはかなり大きな差となるのである。

また、エコタイヤは今のところ価格が若干高めだが、そう遠くない将来に、標準タイヤとの価格差がもっと接近するものと思われる。

あるいは、乗用車向けに市販されるタイヤについて、より多くの銘柄がエコタイヤの考え方を採り入れたものとなっていくことだろう。

  • 1

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •