記事・レポート お役立ち エコカー用語 エコドライブに効果的な対策は?

エコドライブ (2/2)

Text :
エコドライブに効果的な対策は?

エコドライブに効果的な対策は?

さらに、以下のこともエコドライブに効果的である。

電装品の節電

電装品は大なり小なりバッテリーの電力を消費するが、それをまかなうための電力を発電するためにはエンジンの力が必要となるので、できるだけ電装品の使用は控えたほうがいい。

とくにエアコンは、設定温度が低いと、コンプレッサーの稼働率を増やして燃料をより多く消費してしまうので、不快でない範囲で、なるべく設定温度を高くしたほうがよい。

ただし、暗くなっているのにヘッドランプを点灯させないなどといった、公道を安全に運行する上で支障のある行為はくれぐれも控えたい。

無駄なものを積まない

いうまでもないが、重量が重いほど加速させるときの負荷が増えるので、できるだけ軽い状態にしておいたほうが好ましい。

トランクに不必要なものを積んだまま使用していると、つねに余分な燃料を消費していることになる。

タイヤの空気圧を高める

タイヤの接地面積が増えると、走行抵抗が増し、燃費が悪化する。つまり、これと逆のことをすると燃費は向上する。

ただし、空気圧を高めるとタイヤの接地面積が減り、十分なグリップ力を得られなくなったり、乗り心地が悪化したりするので、あくまで適正な範囲を保つようにする。

また、タイヤの空気圧は、放置したままでも自然に落ちてしまうので、定期的なチェックを心がけたい。

その他にも挙げればまだネタはあるが、主なところはこんな感じ。こうしたことの小さな積み重ねが燃費向上へとつながるのである。


オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •