トヨタ  &  ホンダ プリウス  &  インサイト ハイブリッド車の「エコモード/EVモード」とは

記事・レポート お役立ち エコカー用語 ハイブリッド車の「エコモード/EVモード」とは

ハイブリッド車の「エコモード/EVモード」とは

この記事に登場する車: トヨタ プリウス | ホンダ インサイト

Text :
Photo:
トヨタ自動車株式会社/本田技研工業株式会社
ハイブリッド車の「エコモード/EVモード」とは

「エコモード」とは

プリウスのパワーモード/エコモード/EVモードボタン

「エコモード」の「エコ」は「エコノミー(=経済、節約)」の意味で、標準モードよりもエンジン回転数を低めに抑えて走行する燃費重視のモードのことをいう。

電子制御式のAT(CVTを含む)を搭載する車両の一部に設定されており、早めのシフトアップを行なうシフトスケジュールとなる。

エコモードとは逆に、ひとつのギアでエンジン回転数を高回転域まで引っぱり、標準モードよりも加速力に優れた動力性能を楽しめるようにと、「スポーツモード」「パワーモード」を持つ車種も存在する。

これはハイブリッドカーである3代目プリウスにも導入されている。

ハイブリッド車の「エコモード」

インサイトのECONボタン

エコモードについて、ハイブリッドカーでは、シフトスケジュールだけでなく、さらに多角的に低燃費のための制御を行なう。

たとえば、インサイトの「ECONモード」では、スロットルバルブの開度を抑え、CVTとも協調しながら、穏やかに発進・加速させるほか、アイドルストップ時間の延長、減速時の回生充電量の増加、エアコンを内気循環にするとともに風量を抑えて消費電力を低減するなどの統合的な制御を行なっている。

ただし、上記のことから、エコモードにすると、運転感覚においては「エコドライブ」をしているように感じられるが、一定の距離や時間を運転した場合の燃費について、必ずしも標準モードよりも優れるとは限らない。

その理由は、加速を得るために、スロットルバルブ開度が低くても、開いている時間が長くなって、結果として燃費が悪化することもありうるからだ。

逆の理由で、スポーツモード/パワーモードが必ずしも標準モードよりも燃費が悪化するとも限らない。

ハイブリッド車のみが可能な「EVモード」

「EVモード」は、EV=電気自動車のモードという意味で、国産車ではトヨタのハイブリッド車の一部で可能となっている。

ガソリンを使用せず、バッテリーによりモーターのみを駆動させて走行するモードである。

もちろん、排出ガスや騒音は出ない。プリウスの場合、車速は55km/h以下で航続距離は最大約2km程度となっているが、バッテリーの充電状況等の車両の状態や気候により変動する。

  • 1

トヨタ プリウス 関連ページ

トヨタ プリウス

ホンダ インサイト 関連ページ

ホンダ インサイト
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

トヨタ プリウスの関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

≫トヨタ プリウスに関連する全ての記事を見る

トヨタプリウスの関連ニュース

≫トヨタプリウスに関連する全てのニュースを見る

トヨタ 新車人気ランキング(月間)

集計期間 : 2017年10月23日~2017年11月23日

≫トヨタの人気ランキングを見る