ホンダ 「燃料電池車(FCV)」とは

記事・レポート お役立ち エコカー用語 「燃料電池車(FCV)」とは

「燃料電池車(FCV)」とは

ホンダ 車種情報

Text :
Photo:
本田技研工業株式会社
「燃料電池車(FCV)」とは

「燃料電池車(FCV)」とは

ホンダ FCXクラリティ

燃料電池(Fuel Cell)とは、物質の化学反応によって電力を発生させる装置のこと。

その電力で、電気モーターを駆動させることにより走行するのが燃料電池車(FCV=Fuel Cell Vehicle)である。

基本的には電気自動車(EV=Electric Vehicle)をベースにしており、燃料電池により電力をまかなう。

いわば、小さな発電所を自動車に搭載するようなイメージである点では、シリーズ式ハイブリッド車と共通だが、内燃機関は一切搭載されない。

よって、システム規模の大小に関係なく、騒音や振動も少ない。

燃料電池にはいくつかの方式があり、水素をはじめいくつかの種類の燃料が検討されている。

その中で、燃料電池車では水の電気分解の逆を利用し、酸素(O2)と水素(H2)を化学反応させることで発生した電力を用いるのが一般的となっている。

充填中のホンダ FCXクラリティ

酸素は大気中に豊富に存在するので、燃料としては水素のみがあればよい。

燃料電池車「FCXクラリティ」をすでに実用化しているホンダでは、燃料電池で発電した電力をいったんバッテリーに保存し、必要に応じてモーターに供給する方式を採っている。

また、FCXクラリティでは最新のリチウムイオン電池を用いている。

燃料電池が一般的なバッテリーと大きく異なるのは、化学反応させる燃料を供給し続けることで、継続的に電力を取り出すことができる点である。

燃料電池車では、タンク容量分の水素を供給している間ずっと電力を得て走行することができる。

たとえば、最新のホンダ FCX クラリティでは、1回の満充填で、10・15モードで620kmもの連続走行を可能としているという。

水素は、いろいろな物質から比較的簡単に得ることができるものの、基本的に大気中には存在せず、水素を発生させるためのエネルギーを必要とするし、その際にCO2などが排出されることは否めない。

さらに、大量に生産し、保存する技術は確立しておらず、水素を補給するための水素ステーションの普及も進んでいないなど、インフラの問題が大きい。

来るべき水素社会に向けて、これらの問題の克服が不可欠である。

  • 1

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

ホンダの関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

≫ホンダに関連する全ての記事を見る

ホンダの関連ニュース

≫ホンダに関連する全てのニュースを見る

ホンダ 新車人気ランキング(月間)

集計期間 : 2017年11月12日~2017年12月12日

≫ホンダの人気ランキングを見る