トヨタ  &  ホンダ プリウス  &  インサイト 「プラグインハイブリッド」とは

記事・レポート お役立ち エコカー用語 「プラグインハイブリッド」とは

「プラグインハイブリッド」とは

この記事に登場する車: トヨタ プリウス | ホンダ インサイト

Text :
Photo:
富士重工業株式会社/トヨタ自動車株式会社
「プラグインハイブリッド」とは

プラグインハイブリッドとは

「プラグイン」は、家庭用コンセントにプラグを差し込むこと。

エンジンと電気モーターによるハイブリッドカーを、家庭用コンセントなど外部電源から充電できるようにしたのがプラグインハイブリッドカーである。

搭載されるバッテリーは、重量にして概ねハイブリッドカーで12~35kg、電気自動車では200~400kgと大きな差があるのに対し、プラグインハイブリッドカーはそれらの中間的な50~100kgとなっている。

これにより、プリウスですら、EVモードでの航続距離が最大2km程度であるのに対し、研究中のものも含め、現在あるプラグインハイブリッドカーでは約15~60kmという長い距離を走行することが可能となっている。

つまり、すでに電気自動車の要素を持ち合わせているハイブリッドカーにおいて、より電気自動車的な部分の割合を大きくしたのがプラグインハイブリッドカーといえる。

しかも基本はハイブリッドカーなので、電気自動車のようにバッテリーが切れて走行できなくなる恐れもない。

電気自動車、ハイブリッドカー、プラグインハイブリッドカーのいずれにおいても、外気温や、エアコンなど電装品の使用状況、エネルギーの回生状況などにより、一定のバッテリー容量でも、EVモードで走行可能な距離が変わってくる点では同じ。

逆に、バッテリー残量から走行可能な距離を割り出すことも難しい。

その点、いざとなれば燃料を使用してエンジンで走ることもできるし、バッテリーを充電することもできるのは、大きな強みとなる。

最大のメリットは、家庭用コンセントで充電できる点

また、プラグインハイブリッドカーで見逃せないのが、家庭用コンセントで充電できるという点である。

これは、高価な急速充電器が不要となることを意味し、電気自動車のように充電器の空きを待つ必要もないし、自宅で安価な夜間電力を利用して充電することもできるなどのメリットがある。

ところで、プラグインハイブリッドカーの開発を手がける各社では、EVモードでの航続距離をどのくらいに設定するかに頭を悩ませている。

航続距離を伸ばすためには、より重いバッテリーの搭載が必要となるわけだが、その重量増がかえって走行性能や航続距離ではマイナス要因となるからだ。

根本的にプラグインハイブリッドカーは、ハイブリッドカーよりも、大きなバッテリーを搭載することになり、電気自動車との比較ではバッテリーはいくぶん小さくなるが、エンジンを搭載することになる。

よって、どちらから見ても重量もコストも上昇し、スペースも食われるという非効率な側面もあるのは否めない。

ただし、完全に電気自動車に移行するまでの過渡的なモビリティとしての有用性は高く、近年大いに注目されている。

  • 1

トヨタ プリウス 関連ページ

トヨタ プリウス

ホンダ インサイト 関連ページ

ホンダ インサイト
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

トヨタ プリウスの関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

≫トヨタ プリウスに関連する全ての記事を見る

トヨタプリウスの関連ニュース

≫トヨタプリウスに関連する全てのニュースを見る

トヨタ 新車人気ランキング(月間)

集計期間 : 2017年11月11日~2017年12月11日

≫トヨタの人気ランキングを見る