トヨタ プリウス プリウスとインサイトのハイブリッドシステム

記事・レポート お役立ち エコカー用語 プリウスとインサイトのハイブリッドシステム

プリウス ハイブリッドシステムの仕組み (2/2)

プリウスとインサイトのハイブリッドシステム

プリウスには「THSII」、インサイトには「IMAシステム」という異なるハイブリッドシステムが搭載されています。

どちらも同じハイブリッド車なのに「いったい何が違うの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

お互いのハイブリッドシステムの仕組みは、簡単に説明すると「エンジンとモーター」を主とするか、「エンジン」を主とするかの違いになります。

プリウスは「エンジンとモーター」の両方を主としていて、発進・低速はモーターだけ、通常走行はモーターとエンジンで効率良く走る、といったことが可能です。

エンジンとモーターを自動で制御しモーターのみの走行も可能、ユーザーがあまり意識せずとも燃費が良い、というのがメリットです。

インサイトは「エンジン」を主としており、必要なときにモーターがサポートするという概念で、低速クルーズとアイドリングストップ以外の場面では常にエンジンが止まることなく動き続けます。

※ インサイトも低速クルーズ時にはエンジンが止まることがありますが、これはエンジン自体に気筒休止システムを使っているからです。

インサイトの利点としては、エンジンを主体としているためハイブリッド車と思えない自然な走りが楽しめること、ハイブリッドシステムが軽量なため車重が軽くなること、構造がシンプルで車の導入コストが安価なため、結果として車両価格に反映されればユーザーの購入価格が安く済むことです。

デメリットとしては、プリウスのハイブリッドシステムに対し燃費面で劣ってしまうことです。

プリウスとインサイト、どちらが良いかは甲乙つけがたいのですが、今回はプリウスの解説ですので燃費でのアドバンテージがあること以外にも、モーターのみでの無音走行はユーザーがまさに今「ハイブリッド車に乗っている」気持ちよさを実感できること、トヨタの最先端のハイブリッド技術の結晶に乗っているという実感を享受できるのは、現在プリウスでしか得られないことも挙げられます。

ハイブリッド車を検討される際には、車両価格や燃費以外にも「どんなハイブリッド技術が使われているのか」という興味で考慮してみるのも、ハイブリッド車特有であり、面白いところではないでしょうか。


トヨタ プリウス 関連ページ

トヨタ プリウス
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

トヨタ プリウスの関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

≫トヨタ プリウスに関連する全ての記事を見る

トヨタプリウスの関連ニュース

≫トヨタプリウスに関連する全てのニュースを見る

トヨタ 新車人気ランキング(月間)

集計期間 : 2017年10月23日~2017年11月23日

≫トヨタの人気ランキングを見る