マツダ デミオ ハンドリングはロータス・ヨーロッパS!?

記事・レポート お役立ち エコカー特集 ハンドリングはロータス・ヨーロッパS!?

清水草一の「これが最強エコカーだぁー!!」 コンパクトカー編 (3/3)

マツダ デミオ 車種情報

Text :
Photo:
原田淳/茂呂幸正/マツダ株式会社
ハンドリングはロータス・ヨーロッパS!?

ハンドリングはロータス・ヨーロッパS!?

そして、デミオがリードしているのは、なんと言ってもハンドリング。操る楽しさなのだ。

本当の本気で、私はデミオのハンドリングはロータス・ヨーロッパS(現行モデル)に近いと思っている。車重はほぼ同じだ。ステアリングを切った瞬間のレスポンスは、ロータスなみである。

交差点をアクセルで曲がれる、と言ったらわかってもらえるだろうか。

え、わかんない?じゃ、浅田真央。

真央ちゃんみたいな感じで走って曲がる。スレンダーで足が長~い、真央ちゃんになった気分。

ちょっと地面から浮かんでるみたいに軽やか。これはライバルには全然ない感覚だ。ライバルたちもいいクルマだが、デミオを知った後で乗ると、5秒で眠くなる。それくらいデミオは楽しい。

では、グレードはどれがいいか。

個人的には、デミオには1,500ccはいらないと思っている。より軽量な1,300ccの方が、デミオのキャラクターを引き出してくれる。1,300ccでも高速道路で無敵だぜ、相手がシロートさんなら。

で、さらに個人的な好みを言わせてもらえば、イチオシは最廉価版の13Cの5MTなのだが、これはあまり一般的ではありませんね。5MTだとまさに交差点をアクセルで曲がれるんだけど、涙をのんでそれはあきらめましょう。

となると、一般的な一番のオススメグレードは、ミラーサイクルエンジン+CVTの組み合わせで、10・15モードでリッター23キロと最も燃費がいい13C-Vだ。4ATに比べると、やっぱりCVTは効率がいいし軽快だ。

最小の力でスススーーーッと走る感覚が非常に気持ちよくて、デミオの真央ちゃん的キャラクターにも合っている。

13C-Vなら、エコカー減税率も75%、69,700円安くなる。他のグレードだと50%になっちゃってちょっと悔しいでしょ。

いや、額にしたら大したことないんだけど、オススメグレードが最大の減税率なんだから鬼に金棒じゃないか!


マツダ デミオ 関連ページ

マツダ デミオ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

マツダ デミオの関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

≫マツダ デミオに関連する全ての記事を見る

マツダデミオの関連ニュース

≫マツダデミオに関連する全てのニュースを見る

マツダ 新車人気ランキング(月間)

集計期間 : 2017年7月22日~2017年8月22日

≫マツダの人気ランキングを見る