マツダ デミオ デザインはマセラティ・グラントゥーリズモといい勝負!?

記事・レポート お役立ち エコカー特集 デザインはマセラティ・グラントゥーリズモといい勝負!?

清水草一の「これが最強エコカーだぁー!!」 コンパクトカー編 (2/3)

マツダ デミオ 車種情報

Text :
Photo:
原田淳/茂呂幸正/マツダ株式会社
デザインはマセラティ・グラントゥーリズモといい勝負!?

デザインは、マセラティ・グラントゥーリズモといい勝負!?

理由その1。

デミオが一番デザインがいい。

これはもうダントツだ。デミオの面は繊細かつ躍動的で、フォルムはカタマリ感に満ちている。いかにも楽しげで、かつ機能的じゃないか。美しくもある。

私の脳内では、デミオのスタイルは、マセラティ・グラントゥーリズモといい勝負だ。

考えても見てくれ。もしマセラティ・グラントゥーリズモとフィット、ヴィッツ、ノートが並んでいたとして、全部値段が同レベルだったら、あなたはどれを買う?問答無用に甘美な情熱と陶酔の美を兼ね備えたマセラティ・グラントゥーリズモだろう。

え?そんなデカいクルマは車庫に入らない!?

ならばマセラティ・グラントゥーリズモと同じレベルのデザインを持つデミオを買えばいい。

ことほどさように、デザインにおいてはライバルとは格違いにスバラシイのである。ちなみに色もいい。

次、インテリア。

デミオの内装については「チープ」という評価がある。確かにチープではある。

しかしなかなかセンスのいいチープさだ。ゴテゴテしておらず、シンプルなところが好ましい。その点ならライバルに決して負けないし、所帯じみた感覚は一番薄い!

不肖ワタクシ、2児の父で最近は長男(高3)のお古を着てますが、「生活感がない」と言われます。

デミオもちょっとそんな感じで、インテリアにサワヤカなチープさがあるのだ。サワヤカにチープで何が悪い!ゴージャスなクルマが欲しければマセラティ・グラントゥーリズモを買えばいいじゃないか。

居住性についても、デミオは狭いという評価がある。

しかし私には、どこが狭いのかわからない。あなたは身長が2メートルあるのか?あるいは体重が130キロあるのか?もし身長2メートルで体重130キロなら、狭いというのも認めよう。しかし、それ以下なら狭いというのはおかしい。

あの若乃花だってフェラーリに乗っていたんだ。若乃花がフェラーリに乗れて、なぜあなたがデミオを狭いと言うのか。それは価値観がどこかで狂っている。

考えても見てくれ。我々の父親世代は、スバル360に喜んで乗っていたのだ。

デミオの室内は狭いのではない。絶対評価から言えば、「適度に広い」のだ。それに対してライバルたちは、コンパクトカーなのに「無意味に広すぎる」のだ。

車内でベリーダンスをやるというのか。ベリーダンスをやらないならデミオがちょうどいい。

  1. Page1 清水草一の「これが最強エコカーだぁー!!」 コンパクトカー編
  2. Page2 デザインはマセラティ・グラントゥーリズモといい勝負!?
  3. Page3 ハンドリングはロータス・ヨーロッパS!?

マツダ デミオ 関連ページ

マツダ デミオ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

マツダ デミオの関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

≫マツダ デミオに関連する全ての記事を見る

マツダデミオの関連ニュース

≫マツダデミオに関連する全てのニュースを見る

マツダ 新車人気ランキング(月間)

集計期間 : 2017年10月21日~2017年11月21日

≫マツダの人気ランキングを見る