スズキ ワゴンR CVTとのマッチングも最高だぁー!!

記事・レポート お役立ち エコカー特集 CVTとのマッチングも最高だぁー!!

清水草一の「これが最強エコカーだぁー!!」軽自動車編 (2/3)

スズキ ワゴンR 車種情報

Text :
Photo:
原田淳/スズキ株式会社
CVTとのマッチングも最高だぁー!!

CVTとのマッチングも最高だぁー!!

今度は動力性能はどうか。

エンジンの出来に関して、スズキは長らくダイハツの後塵を拝していた。ダイハツのロングストローク型エンジンは非常に低速トルクが厚く、ノンターボモデルでも、実用域で大変使いやすかった。

一方スズキのエンジンは、ノンターボだと従来の軽自動車的に「ウィ~~~~~~ン」と回さないとトルクが出ず、4速ATが自動的にシフトアップすると、途端に力がなくなって、もう一度下のギアにキックダウン・・・といったことになり、ちょっと悲しいものがあった。

が、新型ワゴンRから採用された新エンジンは、まったく別物になっている!低い回転から実用的なトルクが出ていて、とても軽快に走ってくれるのだ。CVTとのマッチングも最高。

以前のスズキの軽は、ターボ付きモデルでないとちょっとカッタルイ・・・という感じだったが、これならノンターボでも実用上まったく問題ないし、「これが軽か!」という驚きすら感じる。

この、ターボかノンターボかというのは微妙な選択だが、私としては高速道路を走る機会が多いなら、ターボのFTをオススメする。燃費に関しては、ターボもノンターボもほとんど同じ。どちらも、地方の一般道や高速巡航なら、カタログ数値近くの20km/L程度は走ってくれる。

ただ、ターボモデルは価格が16万円以上高く、しかもエコカー減税が適用されない!

ノンターボのFXリミテッドCVTの減税率は75%で、税額はワゴンR最大級の32,700円。車両価格と合計すると、20万円強の差になる。

もちろん、せっかく買うクルマだ。3万円ちょいの減税でグレードを決めるのはどうかと思うが、あまり高速道路は走らないというのなら、ノンターボでいいのではないだろうか。

ワゴンRは足回りもステキだ。乗り心地はいいのに、適度なしっかり感がある。ダイレクトな操縦感覚が楽しめる点では、ライバルをややリードしている。

  1. Page1 清水草一の「これが最強エコカーだぁー!!」軽自動車編
  2. Page2 CVTとのマッチングも最高だぁー!!
  3. Page3 だから俺はこれを推すっ!!

スズキ ワゴンR 関連ページ

スズキ ワゴンR
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

軽自動車の関連記事

スズキ ワゴンRの関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

≫スズキ ワゴンRに関連する全ての記事を見る

スズキワゴンRの関連ニュース

≫スズキワゴンRに関連する全てのニュースを見る

スズキ 新車人気ランキング(月間)

集計期間 : 2017年9月17日~2017年10月17日

≫スズキの人気ランキングを見る