フォルクスワーゲン ダウンサイジングコンセプトの先駆者は“夢の燃焼”に取り組む

記事・レポート お役立ち エコカー特集 ダウンサイジングコンセプトの先駆者は“夢の燃焼”に取り組む

フォルクスワーゲンのエコカー技術 (2/2)

フォルクスワーゲン 車種情報

Text :
Photo:
フォルクスワーゲンAG
ダウンサイジングコンセプトの先駆者は“夢の燃焼”に取り組む

ダウンサイジングコンセプトの先駆者は“夢の燃焼”に取り組む

そんな理想像へと近付いたトランスミッションに組み合わせるエンジンそのものの改革も急進的。その目玉は、直噴化による効率アップと共に排気量減少による基本的な燃費性能を大幅向上させ、一方で強力な加速が必要となるシーンで不足する出力分は過給機の搭載で補うという“ダウンサイズ・コンセプト”に基づいた、『TSI』と呼称をされる一連のガソリン・エンジンの投入。当初リリースのユニットでは過給システムにメカニカル・スーパーチャージャーとターボチャージャーが併用されたため、ベーシックカー向けのパワーユニットとしてはそのシステムの複雑さとコストの上昇を懸念する声もあったもの。

が、その後ターボチャージャーのみを備える“ベーシック・ユニット”も新たにリリース。最も量販規模の大きなスチールブロック製エンジンをベースに用い、直噴システムも高価なピエゾ・インジェクターを用いたスプレーガイド方式による希薄燃焼ではなく、敢えて安価なソレノイド・インジェクターを用いたウォールガイド方式の理論混合比燃焼に留めて排ガス浄化に対するハードルも下げるなど、コストダウンに配慮をした“大衆エンジン”としての設計が見られるのも特徴だ。実際、同コンセプトの1.2リッター・エンジンを次期ポロに搭載する事を表明するなど、VWのこの戦略には全くブレは見られない。

とはいえ、このメーカーがそんな現状に満足をしているわけではないことは、すでに「内燃機関の夢の燃焼」とも称されるHCCI(予混合圧縮着火)試作エンジン搭載車の“報道試乗会”までを開催した経緯などからも明らかだ。

ガソリン・エンジン同様にあらかじめシリンダー内に混合気を充填させ、そこにディーゼル・エンジンのように自己着火による燃焼を発生させるHCCIエンジンは、燃焼温度が低いため排気ガス中の有害物質が削減されると同時に、圧縮比を高めた希薄燃焼が実現可能となって燃費向上とCO2削減を図れるという、まさに「ガソリンとディーゼルの良いとこどり」を行ったようなユニット。現時点では、そうしたHCCI運転を行える領域が極めて限られ、その制御も難しいといった課題が残されているものの、そうしたハードルを乗り越えるべく専用開発した燃料を用いるなど意欲的なトライを行っているのもまたその“本気度”を推し量るための重要なポイントだ。ちなみに、“サンフューエル”と呼ばれるその専用燃料は、ジェットエンジン用燃料であるケロシンに近く「気化しやすく、自己着火はしにくい」もの。気化のしやすさから燃え残り成分が減らせる事でPM(粒子状物質)を削減出来、燃料噴射の瞬間の着火をし難くする事で燃え始めのタイミングを制御しやすくする事を狙った、藁や木屑などから生成をされるバイオマス燃料だ。


オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

フォルクスワーゲンの関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

≫フォルクスワーゲンに関連する全ての記事を見る

フォルクスワーゲンの関連ニュース

≫フォルクスワーゲンに関連する全てのニュースを見る

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング(月間)

集計期間 : 2017年10月18日~2017年11月18日

  • フォルクスワーゲン

    ゴルフ

    新車価格
    250 万円 ~ 600 万円

  • フォルクスワーゲン

    ポロ

    新車価格
    200 万円 ~ 338 万円

  • フォルクスワーゲン

    ザ・ビートル

    新車価格
    240 万円 ~ 350 万円

≫フォルクスワーゲンの人気ランキングを見る